結婚後の子供について

結婚するということは、四の五の言わずにまず第一にその相手とずっと一緒にいたいという気持ちが大事です。そして、結婚するということはその相手との間に子供ができる可能性があるということです。少子高齢化の現代、子供は欲しいけれど経済的に難しいなどさまざまな理由で子供を諦めることは、現実問題あるかと思います。そういう意味では、いくらその相手とずっと一緒にいたいからといって、自分は子供が欲しいのに相手は子供のことはあまり考えていないというケースも多々あります。結婚するということはその二人の未来にかけがえのない命が生まれる可能性がありますので、子供が欲しいかどうかという部分はしっかりと話し合いをして、二人の考えを一致させておくようにしておきましょう。

そして、子供が欲しいという結論に至ったときには、更にその先のことも十分に話し合いをしておきましょう。子供が生まれたらお金のことはどうするのか、子供に対する教育方針はあるのか、など、話すことはたくさんあります。また、お互い共働きであれば仕事は続けていくのか、など、生活環境も必ず変わってきます。そういう意味では子供が生まれたらどうしても子供中心の生活になりますので、子供を計画的に考えそれまでは二人で新婚生活を満喫するという考えもありだと思います。どちらにしても、子供のことは結婚前に必ず話し合いをして、お金や仕事などのことは、万全の準備を整えておくことが非常に重要です。

メインメニュー